剪定

剪定剪定

植木手入れの基本から樹種ごとの剪定方法をまとめてあります。

樹種の特徴も書いてありますので、庭に植える参考にしていただけたらと思います。

みなさんのお役に立てたら嬉しいです。

 

常緑樹

【カルミア】剪定方法と維持の仕方【花がらを摘むと良いですよ】

カルミアの特徴と剪定方法を簡単にまとめました。カルミアは花をたくさん咲かせると疲れてしまうので、花芽をちょっと~半分くらい減らしてあげると良いと思います。花が終わった後も花がらを切るようにします。なぜ切るのかは、花が終わった花がらに種ができると新しい枝が出にくくなってしまうからです。
基本

【木につく主な虫】なるべく簡単な対処法【自分に合うやり方で大丈夫です】

木につく主な虫の対処法をまとめました。簡単な方法は巣の除去ですが、早期発見できれば対処ができなくなってしまいます。虫があちこちに散らばってしまった場合は、農薬やスプレータイプの薬で対応できるので、試してみてください。農薬の保管方法と使い方も簡単に書きました。
基本

【ブルーベリー】剪定方法と植え方【最初に小さくして植える】

ブルーベリーの特徴と植え方と剪定をまとめて書きました。ブルーベリーは違う種類と一緒に2~3本植えてあげると放任でも実がなります。大きくなると収穫が大変なので、高くしないように少し横に広げて育てられるよう幅の広めのところに植えると育てやすいです。
スポンサーリンク
剪定

【花が咲かない・実がならないなど対策】剪定が関係するかも?

花芽をなるべく残す剪定をまとめました。花が咲く木なのに咲かなかったり実がなる木なのにならなかったり、木は本当に難しいですよね。剪定するときれいになりますが、それが原因で花や実がつかないこともあります。花芽をなくしてしまっている可能性ですね。
常緑樹

【ヒマラヤスギ】高さを下げる剪定と刈り込み【同系統の木も同じです】

自然形(円錐)にする剪定方法と刈り込みのやり方をまとめました。ヒマラヤスギは成長が早くてかなり大きくなってしまうので、ある程度の大きさで維持するように剪定や刈り込みで仕上げてみましょう。切る時の注意点は、葉がなくなると枝ごと枯れるので葉を残して剪定するようにしてください。
落葉樹

【エゴノキ】特徴と剪定方法【簡単にまとめていきます】

エゴノキの特徴や剪定の方法をまとめました。エゴノキは自然形がきれいな人気のある木ですが、枝が交互に出る互生なので剪定は少し難しく感じます。それをなるべく簡単にするための考え方や順序、株の更新(入れ替え)など書きましたので見ていただいた方のお力になれたら嬉しいです。
基本

【簡単に剪定】色々な木で使える手入れの方法【難しいことは抜きにして】

剪定をなるべく簡単にするためのやり方で、スッキリとまではいかないけど楽に手入れをするための方法です。細かい枝を見つけてその先の長い枝を無くしていき、輪郭を揃える場合は枝先を少し切るイメージです。剪定をする手順などを箇条書きと画像でまとめました。動画も貼ったのでご参考になれば幸いです。
基本

なるべく簡単な剪定のやり方【切り具合を変えて色々な樹種で使える】

剪定をなるべく簡単にするために、太い枝を切って枝先は三本もしくは複数ある枝の真ん中を切ることを繰り返して完成を目指していきました。木を手入れするのは大変なことだけど、楽にするためのやり方や考え方があると思います。それをまとめてみました。
常緑樹

【剪定】色々な樹種で使える剪定のやり方【ミカン・レモンでやってみました】

剪定をなるべく簡単にするための方法でミカン・レモンを手入れしました。色々な樹種に使える方法なので基本的な切り方になります。それを画像を使って説明しています。記事の最後に動画も貼ってありますので、お時間がありましたら見てみてください。見ていただいた方のお力になれたら嬉しいです。
基本

【アカマツ強剪定】なるべく簡単に剪定する方法【画像・動画付き】

アカマツの強剪定のやり方の画像と動画を記事にしました。やり方のほかにも気楽に剪定できるような考え方などをまとめました。「マツ類は難しい」と思ってしまいますが、なるべく簡単になるような剪定方法をまとめましたので、読んでいただいた方のお力添えになれたら嬉しいです。
基本

【大きな木を小さく】脚立や梯子を使わない方法

使う道具は、ノコギリ・ロープ・長い棒(物干し竿など)を使います。手書きで申し訳ありませんが画像を用意しました。手順とやり方をなるべく簡単に短くまとめてみました。高いところに登らずに作業ができますが、色々危険もあるため注意しながら作業しましょう。
基本

【剪定は自由です】どんな形にしたいか最初にイメージ【遊びながらやるのが一番】

剪定は誰にでもできます。基本を簡単に言えば「三本ある真ん中を切る」ことです。基本を使って見せ方を変えるのが個性です。きれいかどうかは個人差があるから違いが出て面白いと思います。なので、手入れは自由が良いです。
スポンサーリンク
じょんぐりをフォローする
タイトルとURLをコピーしました